人気ブログランキング |

meme's room

memeroom.exblog.jp

毎日楽しく過ごしたい。

ブログトップ

カテゴリ:北海道( 79 )

…と書いたままUPしてなかった。
今年は雪が全然積もらないのではないかと思ったけど、そんなことなかった。
けど、建国記念日のあとから気温が高くて今日は若干だけど雨が降ってきた。
この日は…10日。
週末にかけて気温が上がるって天気予報だったので今年は2日しか行く予定はなし。
小樽雪あかりの路はじまりました。_d0156358_19214933.jpg
定番の運河。
一応撮ってみる(笑)
スマホで撮る方が断然上手に撮れるのはカメラの腕がないから。
自覚症状あり。
小樽雪あかりの路はじまりました。_d0156358_19280444.jpg
今年はやながわ通り商店街がキレイだった。
キャンドルホルダーが雪に光を散りばめてすっごくキレイ。

こんなこと言っちゃダメだけど、運河や手宮線よりも商店街とか町内会のほうが見応えあるかも…( ˘ω˘ )
年々その傾向が強くなってる気がする。

写真は更新予定です


by meme-m | 2020-02-11 19:15 | 北海道 | Comments(0)

のんびりふる川旅。

恒例、冬のふる川。
いつものお部屋でのんびり、おいしいご飯でお腹を満たして、ゆっくり温泉につかってきた。
のんびりふる川旅。_d0156358_17081626.jpg

のんびりふる川旅。_d0156358_17081648.jpg

のんびりふる川旅。_d0156358_17081732.jpg

のんびりふる川旅。_d0156358_17081733.jpg

のんびりふる川旅。_d0156358_17081834.jpg

のんびりふる川旅。_d0156358_17081876.jpg

のんびりふる川旅。_d0156358_17081808.jpg

のんびりふる川旅。_d0156358_17081894.jpg



by meme-m | 2016-01-16 23:00 | 北海道 | Comments(0)

雨でキラキラ工場夜景。

日本の三大夜景といえば函館・神戸・長崎なわけだけど、meme的にはここも好き。

室蘭。

なにかにつけて室蘭推しなのは昔住んでいた街だからしょうがない(笑)

写真を撮りに行った日は残念な雨で、最初から一眼レフカメラは諦めていたのでスマホ写真。
夜景は腕がなければコンデジよりデジイチよりスマホで撮影するほうが上手にとれるマジック(笑)
雨でキラキラ工場夜景。_d0156358_09234898.jpg

白鳥大橋がステキに撮れた。

雨でキラキラ工場夜景。_d0156358_09234878.jpg

昔は工場夜景なんてなかったから、ただの工場だったのに30年も経てば変わるものだわぁ…としみじみ。

雨でキラキラ工場夜景。_d0156358_09234804.jpg

天勝で天丼食べてきた。





by meme-m | 2015-09-19 23:00 | 北海道 | Comments(0)
JRの1日散歩切符を使って鉄子して来た。
にわか鉄のmemeです。
この計画を職場の人に話したらにわか鉄だと言われた。
確かにそうだわ…💦

1日散歩切符で行く秘境駅の旅。_d0156358_18281252.jpg


東室蘭駅から見た工場。
小学生の頃の写生会でこの工場書いた。
そうmemeは東室蘭にむか〜しむかし住んでたの。
1日散歩切符で行く秘境駅の旅。_d0156358_18281355.jpg

駅のキヨスクで買った母恋めし。
memeはむか〜しむかし母恋にも住んでたことがある。
今はもう昔のこと過ぎて記憶も曖昧だけど。
母恋めしはね、ちょっとお高い。
お高いけどおいしい。

東室蘭を出て目的地の小幌駅へ。
1日散歩切符で行く秘境駅の旅。_d0156358_18281394.jpg

っと言ってもホームには降りない。
降りたら次の列車は何時間後?
さすがになぁ〜んにもないここで何時間も過ごすのはムリだわ…。
小幌駅が秘境駅だと言われているのはトンネルとトンネルの間にある駅だからなんだって。
JRの普通列車でしか行けないらしい。
なので停車中に列車の中から撮影。

秘境駅の旅とタイトルはしてみたけど、ここが目的だったというわけではない。
前から一周してみたかったの。
じゃあ、廃止になる前に小幌駅も見てみようって思って決行。
ホントつくづくにわか鉄…💦

1日散歩切符で行く秘境駅の旅。_d0156358_21361557.jpg


楽しかったぁ🐾

by meme-m | 2015-08-29 20:00 | 北海道 | Comments(0)

滑走路が天の川な夜。

夜の空港ってあまり行かない。
ってか飛行機嫌いだから飛行機に乗ることはほとんどないわけで…。
そんなある日の休日、新千歳空港に泊まってみた。
窓からの景色が天の川〜〜♪
滑走路が天の川な夜。_d0156358_19365066.jpg

まさかこんなにキレイだとは思わず。

お腹はウニ丼ですっかり満たされていたので寝るだけ。
滑走路が天の川な夜。_d0156358_19365139.jpg

すっかり北海道に遊びに来た観光客(笑)
by meme-m | 2015-07-19 23:30 | 北海道 | Comments(0)
いちご豚肉まつりに行ってきた。
8時10分に会場に着いたの。
うぅーーーん、今年は1番のりに違いないって並びに行くと…
10番目くらい。
雨降ってるのにはやッ。
ここから延々1時間45分ほど並んで待つ。
豊浦町いちご豚肉まつり。_d0156358_17151075.jpg

いちごの箱が積み上げられてくるとテンションが上がる⤴︎

今年はお一人様2箱まで。
お値段が若干上がった。
2200円。
やっぱりね…。
豊浦町いちご豚肉まつり。_d0156358_17151182.jpg

いちごは、けんたろうの4Lサイズを4箱買おうと思ったのだけど4Lが2箱しかなくって仕方がないので4L2箱と3L2箱に変更。
3L小ちゃいなぁ…。
ってか3Lも4Lも毎年小さくなってる気がするの。
規格はあるんだろうけど生産者によってバラつきがあるんだと思う。
今年は4L少ないし。

でも、やっぱりおいしい、けんたろぉーーーー。
あまぁーーーい。
豊浦のけんたろうはすんごいおいしい。
豊浦町いちご豚肉まつり。_d0156358_17151233.jpg

食べ放題ぃぃ。
by meme-m | 2014-06-08 16:44 | 北海道 | Comments(0)
実は今回のこの旅について、最初に部屋がイメージと違い過ぎたためにブログUPはやめようと思って館内の写真を撮るのはやめたの。
食事はいつもの習慣で撮っていたのだけどあまりにもいろいろあり過ぎて逆にやっぱりブログUPすることにした。
納得できなかったから。
なので館内の写真は2日目に撮ったものが多い。

入口では桜の花がお出迎え。
季節感あって素敵。
のびぃーーーーっとGW旅*施設編。_d0156358_1456838.jpg


ロビーで靴を脱ぐシステムはホテルではめずしい。
外出時にフロントに声を掛けないとならないからちょっとめんどくさいけどその分リラックスできるのがいいと思う。
いっそのことスリッパなしもありかもって思う。

客室は20室。
男性のみのグループと12歳未満はご遠慮いただいてるらしい。
女性の為のホテルって感じ。
なのでホテル自体はとてもこじんまりとしてる。

のびぃーーーーっとGW旅*施設編。_d0156358_145691.jpg

ロビーもこじんまり。
のびぃーーーーっとGW旅*施設編。_d0156358_1456982.jpg

マッサージチェアに座ってノンビリ。
窓から見える景色はいまいちだけど雰囲気がとってもいい。
のびぃーーーーっとGW旅*施設編。_d0156358_14561037.jpg

コーヒーや紅茶も飲めるし、パソコン・新聞があるので連泊の昼間も作務衣でリラックス。

2階にはエステや貸切風呂。
あとゴロゴロルーム。
のびぃーーーーっとGW旅*施設編。_d0156358_14561081.jpg

のびぃーーーーっとGW旅*施設編。_d0156358_14561240.jpg

ここで雑誌読んでのんびぃーーーり。
のびぃーーーーっとGW旅*施設編。_d0156358_14561215.jpg

ハーブティーも用意されてるから、雑誌読んでハーブティー飲んでクッションに囲まれて昼寝。
ホントに本気でのんびりした。
連泊のだと昼間の時間は誰もいないからすごくおすすめ。

エステルームには貸切風呂もある。
けっこうこじんまりしたお風呂。
浴室や浴槽は大きいけど脱衣所が2人が一度に着替えるには少々小さい。
浴槽は檜。お湯はかなりぬるめだけど2人でも余裕で入れる大きさなのがいい感じ。
40分3240円なことを考えると他のとこより若干高めかなぁ。
今までも他のホテルで貸切風呂を使ったことがあるけど、湯上りにミネラルウォーターのサービスがあったり、室内に休憩できる部屋があるのが割と普通だったからねぇ。
あと、残念なことにシャワー下の排水が全然流れなくって体を洗っても足がすんごく気持ち悪いことに…。
シャワー使えば使うほど気持ち悪いって最悪だよね。
お湯の温度はもちろんだけどそういうのって確認しないのかなぁ?

大浴場もこじんまり。
でも20室しかないのでほぼ貸切で入れる。
memeが入ったときも誰もいなかった。
誰もいなかったから写真も撮り放題のはずだけど忘れてた。
きちんと清掃されてるし明るくてよかった。
よかったけど客室はもちろん大浴場も化粧水はあるけど乳液がない。
大浴場なんて4種類も化粧水あるのに乳液がないんだよね。
もしかして美容液ってのが乳液だったのかな?
でもね、基礎化粧品についてはけっこう残念だったの。
こちらのホテルは女性が過ごしやすいってことをテーマにしていると思うの。
だから選べるバスアメニティのプレゼントがあったり、エステメニューを充実させたり、ハーブティーや中国茶、食事も薬膳を取り入れてる。
だから、客室や大浴場の基礎化粧品も凝ってるのかと思いきや、温泉ホテルにありがちな売店で売ってますーーー的なものだったんだよね。
それがすごく残念。
ビジネスホテルでも基礎化粧品やバスアメニティにDHCとかPOLAとかは普通だからね。
普通にパックとかついてたりもするし。
なんだかとても中途半端感が…。
もっと言っちゃうと大浴場に持っていく湯カゴがあるんだけど脱衣所のロッカーに入れるにはちょっと微妙な大きさ。
脱衣カゴに入れるべきなのかそうじゃないのか、サイズ的によくわからない大きさ。

夜になるとロビーにパティシエ特製のお菓子の用意がありますってチェックインのときに言われたので、夕食後に楽しみに行ってみた。
のびぃーーーーっとGW旅*施設編。_d0156358_15143645.jpg

チーズケーキ。
大きさは2×5×0.7(縦×横×幅)cm。
ちっちゃ‼︎
味よりなにより、よくこんなに薄く切ったなぁってのと袋詰め大変だねぇって印象が強かった。
8時から用意してあるんだけど1日目は8時半に行ったらもう4個しかなかったの。
ってかそれ以前にもうちょっと種類あると思ったんだけどさぁ。
クッキーとパウンドケーキとチョコレートとかそんな感じのお菓子が4~5種類あるのをイメージしてた。
それがねぇ…。
いちおう2個ほど頂いて部屋に帰って食べた。
おいしいと思う。
いや、小さすぎてよくわからない。
そのあと見に行ったけど補充はないみたい。
中途半端なサービスだなぁって思った。

後日追記予定。
by meme-m | 2014-05-11 10:30 | 北海道 | Comments(0)

小樽雪あかりの路2014。

今年も小樽雪あかりの路に行ってきた。
職場が札幌になり平日の小樽行は難しくなってしまい、期間中2回しか撮影に行けなかった。

1日目は撮影のポイント探し。
なかなかいいポイントが探せない。
結局いい撮影ポイントは探せず、試し撮りもほとんど出来ずに帰宅。
あぁぁ…ダメだぁぁ。
帰宅してから塩谷会場が最初の土日のみだと知った。
ポイント探しじゃなくって塩谷会場に行ってくるんだったと後悔。
富岡教会は9・10日。
次の日の通勤を考えるとちょっと難しい…。
もっと言っちゃうと初日の天狗山の花火だって15日の朝里川温泉の花火だって行きたかった。

2日目は今日しかないって気持ちで撮影へ。
見たものはとりあえずシャッターを押す。
これがこの日の目標。
フィルム撮影じゃないんだからどんどん撮ろうって思って。
毎回違う角度も撮ればよかったぁって後悔するの。
納得いかない中でもそれなりに撮影して帰宅。
結構撮ったつもりだったけど150枚程度しか撮れてなかった……。

小樽雪あかりの路2014。_d0156358_15451933.jpg

まずは小樽運河。
小樽雪あかりの路2014。_d0156358_2322647.jpg

運河プラザの前ではいつものこの子がお出迎えしてくれる。
小樽雪あかりの路2014。_d0156358_22283513.jpg

手宮線会場。
小樽雪あかりの路2014。_d0156358_2323086.jpg

デカイでしょ?この写真。
見てみてぇーーーーーみたいなことじゃないのよ。
パソコン買い換えたら画像処理がわからなくなっちゃたの…。
なので、パソコンからupする縦の画像は当分大きいこととなります。
小樽雪あかりの路2014。_d0156358_823089.jpg

中央バス小樽運河バスターミナル。
かわいらしい雪だるまちゃんがいた。
小樽雪あかりの路2014。_d0156358_22433072.jpg

NTT東日本会場。
小樽雪あかりの路2014。_d0156358_22305417.jpg

お城みたいでとっても素敵。
メルヘンでかわいい。
で、いっぱいいろんな角度から撮りたかったんだけどNTTのおじさま達がいらっしゃって…撮りづらい。
ホントはもうちょっと違う感じでいっぱい撮りたかったのだけど、小心者なのでできなかったぁぁ。

今年のお気に入りの一枚はコチラ。
小樽雪あかりの路2014。_d0156358_22413349.jpg

今年の小樽雪あかりの路のキャッチコピーが

この小さなあかりに
ずっと恋してきました。
そろそろ
愛に進みましょうか。


だったの。
最初にコレを読んだとき、今更ですかぁ?って思った反面、わかりやすいこのコピーにアンサーコピーの様な写真が撮りたいなぁって思ったの。
でね、この写真を見た友人が〝カウントダウン〟って表現したの。
その理由をたずねるとだんだん光が灯るようだからって。
それで

〝Fullまでの時間〟

とタイトルをつけて今年はフォトコンテストに応募した。

ずっとあたためてきた想いだもの、そんなに急には進めないでしょ。
ハートまで灯るにはもうちょっと時間がかかるんだよ。
そうだね、それは充電してるときのように少しづつ…。

残念ながら入賞は逃したけど過去一だと
自負しております(〃艸〃)

宣伝媒体に使用する候補とのことでデータは提供したので来年の何かで見られるといいなぁって。
どこかで見かけたらいろんな意味で充電中なんだねって思ってください。
by meme-m | 2014-03-22 20:30 | 北海道 | Comments(0)

ぬくもりの宿ふる川。

母の誕生日を祝ってふる川へ。
到着から
〝お誕生日おめでとうございます。ごゆっくりお過ごしください〟
とお声掛けいただきます。
GWにお世話になったお部屋へってリクエストも叶えてくださりわがまま放題…。

夕食はいちばん奥のイスの席。
いつものリクエスト。
ぬくもりの宿ふる川。_d0156358_1275038.jpg


お箸が祝い箸。
ぬくもりの宿ふる川。_d0156358_1275156.jpg

干し貝柱の玉蒸し。
干し貝柱のダシがでてておいしい。
つぶ貝やくらげのコリコリ感も好き。

ぬくもりの宿ふる川。_d0156358_1275269.jpg

お椀は油子の葛叩き。
お味はすごぉーーーーーくやさしいお味。
ひらたく言えば薄い。
この辺からアレッ?って思うの。

今日のメインはお造り。
ぬくもりの宿ふる川。_d0156358_1275377.jpg

赤鰈、みかん鯛、鮪、甘海老
こちらもお誕生日ということで金粉付。
めでたい。

お造りグレードアップコースなのでもう一つ大きなお皿が運ばれてきた。
ぬくもりの宿ふる川。_d0156358_1275394.jpg

金目鯛、牡丹海老、雲丹。

ふる川のお造りはいつも見て楽しく食べておいしい。
ラデッシュの飾り切りもみかん鯛の下のみかんもビタミン大根も…付け合わせも全ておいしくいただく。

すっごく大きな牡丹海老。
身は甘くて味噌は濃厚。
雲丹も最高ーーー。

ぬくもりの宿ふる川。_d0156358_1275439.jpg

穴子の飛龍頭。
ここで気がつく。
あれ⁈調理長が変わってる‼︎
感じてた違和感ってこれだわって。

アツアツのうちにお召し上がりくださいって出されてもあまり熱くなかったのもよう思えた要因かもしれない。

ぬくもりの宿ふる川。_d0156358_1275572.jpg

ハーブ豚と野菜の陶板蒸し。
野菜はもちろんハーブ豚が甘くておいしい。
タレはレモン塩だれと黒胡麻醤油だれ。
レモン塩だれはあまりレモンっぽくない。
黒胡麻醤油だれは胡麻だれとポン酢を合わせたような感じ。
どちらもインパクトにかける?
卓上の塩で食べるのが一番おいしかった。

ぬくもりの宿ふる川。_d0156358_1275576.jpg

公魚の南蛮漬け。
長芋の千切りの上に南蛮漬けがある。
長芋がいいアクセント。
でも、やっぱりこちらもやさしいお味。
酢の物だけどあまり酢はきいていなくて残念。

ぬくもりの宿ふる川。_d0156358_1275621.jpg

ふる川って言えば食事に合わせて出されるのはお鍋。
冬なので鮟鱇鍋。
肝味噌仕立てってなってるけど、かなりあっさり。
肝のコク…どこ?
鮟鱇はしっかり処理されてて骨も取り除かれていて食べやすい。
鍋自体とっても淡白。
コチジャンで味の変化もお楽しみくださいって言われたけど気づいたら下げられちゃってたし、今回は菜箸がついてなかったのが残念。

ぬくもりの宿ふる川。_d0156358_1275741.jpg

食事はまたまたお誕生日ということで鯛めし。

ぬくもりの宿ふる川。_d0156358_127573.jpg

デザートは南瓜プリン。
メチャメチャおいしぃーーーーー。

朝はいつものバイキング。
ぬくもりの宿ふる川。_d0156358_1275878.jpg

和食中心。
好きなものを思う存分いただきます。

ゆっくり食べたい人は別会場で和定食もいただける。
好きなものを食べれるからこっちがいいかなぁって思って迷わずバイキングを選んだのだけど、母はそんなに食べられないし和定食を食べながらのんびりってほうもよかったみたい。

エレベーター前のてるてる坊主たち。
ぬくもりの宿ふる川。_d0156358_1275992.jpg

恥ずかしいがり屋さんなのかみんな後ろ向きだったけどみなさんに前を向いてもらったゃった。
かわいいぃぃ。

夜はお部屋からグランドホテルの花火を見た。
ぬくもりの宿ふる川。_d0156358_1275917.jpg

とっても迫力があってキレイ。
冬は空気が澄んでいるから花火がキレイに見えるのね。

ゆっくり過ごしてくださいねッってお声掛けいただき、母娘二人ホントにゆっくりしちゃって9時には寝てしまいました…。
そんなこともあるよね。(笑)

ぬくもりの宿ふる川。_d0156358_128029.jpg

by meme-m | 2014-01-19 21:00 | 北海道 | Comments(1)

ラビスタ釧路川。

幣舞橋横のラビスタ釧路川にはじめて泊まった。
ラビスタ釧路川。_d0156358_13515513.jpg

部屋は和洋室。
窓からは釧路川の夜景。
ラビスタ釧路川。_d0156358_13515835.jpg

和風ツインの部屋。
足をのばしてのびのびできる。
ラビスタ釧路川。_d0156358_13515695.jpg

ベットもローベットなので落ちても大丈夫。
たぶん落ちることはないけどね。
ラビスタ釧路川。_d0156358_13515795.jpg

洗面所はトイレとは別々。
付いているのはお茶のみ。
う〜ん、ドーミーインでもミネラルウォーターとかドリップコーヒー、ハーブティーなんかも置いてあるのにちょっと寂しい感じ。
ラビスタだよ。
函館や大雪はコーヒーミル置いてるじゃん。

部屋着は他のとことちょっと生地が違った。
ラビスタ釧路川。_d0156358_1351593.jpg

最近ドーミーインに泊まるとジャージ生地の部屋着のせいか若干臭いが…。
お風呂上がりは濡れるせいかますます気になるのだけど、こちらのラビスタは全くそんなことはない。
肌触りもいいみたい。

朝ごはんはカウンター席で。
ラビスタ釧路川。_d0156358_15431049.jpg

ラビスタとかドーミーインって今はどこでも勝手丼なの?
釧路なので〆秋刀魚があった。
あとはいくら。
ラビスタ函館やドーミーイン小樽よりいくらのお味はよいと思う。
でも、残念、米がマズイ…。
海鮮丼は大好きだけどドーミーイン帯広の豚丼のほうが好き……ってことでもうここの朝食には魅力を感じなかった。
ラビスタ釧路川。_d0156358_15431073.jpg

デザートにワッフル。
ソースがチョコかメープルシロップだったのだけど、やっぱりドーミーイン京都で食べたいちごソースが忘れられないなぁ。
あと、すっごい久しぶりに柿を食べた。
たぶん……10年以上ぶりくらい?
おいしかったぁ。
by meme-m | 2013-11-29 08:09 | 北海道 | Comments(0)